ハードワークからの脱出計画

ハードワークが当たり前の仕事から逃げるために

毎日疲れきっていませんか?

ハードワークからの脱出計画

仕事から逃げ出したくなった人へ

ハードワークからの脱出計画

心身ともに疲れてしまうハードワークに嫌気がさしてきたなら、やはり工夫が必要です。残業や休日出勤が減らない原因は、仕事のやり方にあるかも知れません。ダラダラと残業してもキャリアアップには繋がりません。時間内に仕事を終わらせる為に、1日の計画をしっかり立てる事が大切ですし、残業をしないと強く気持ちを持つ事も必要です。また、残業や休日出勤は皆がしているから自分も…と歩調を合わせる必要はありません。ハードワークから脱出するためには自分の意志も大切です。

仕事から逃げ出したくなった人へ
  • 計画的に考えよう

    計画的に考えよう

    転職はすぐに出来るものではありません。在職中から事前準備をしっかり行う事が大切です。ハードワークからすぐにでも逃げたい気持ちは分かりますが、離職してから転職活動を行うと、次の転職先が見つかるまで無収入というリスクを背負ってしまいます。退社日まで半年位の余裕があれば、自分の希望に合った転職先を見つける事も出来ますし、抱えている仕事の引き継ぎも十分出来ます。しかし、普段のハードワークの中では転職先を探すのは難しいと思います。その際は、無料で転職先を探せる転職サイトの活用が便利です。

    詳しく見る

  • 退職時のトラブルパターン

    退職時のトラブルパターン

    転職先が決まり、いよいよハードワークから逃げる準備が出来たとしても、退職でトラブルを引き起こすのは気持ち良くありません。退職時のトラブル理由で多いのは、業務の引き継ぎが不十分だったり、在職していた会社のノウハウや、顧客を持っていかれてしまう事です。業務の引き継ぎはその責任がありますので、しっかりと行う必要があります。しかし、在職中に身に付けたノウハウや自分の顧客に関しては、不正な流失でない限り罰則はありません。とはいえ、やはり円満退職出来るように、在職していた会社への配慮は必要です。

    詳しく見る

  • 転職という脱出方法

    転職という脱出方法

    自分が努力しても残業や休日出勤が無くならない時は、転職を考えるのもハードワークから逃げるひとつの手段です。転職を決めてすぐに転職先が見つかる訳ではありませんので在職中から計画を立てて転職活動に取り組む事をお勧めします。また、転職が決まったら、退社の際にはトラブルのない円満退職を目指しましょう。ハードワークをこなしたからといって仕事のスキルが上がる訳ではありません。それどころか心身に悪影響を与えがちです。そうであれば、残業や休日出勤をしなくてもいい会社へ転職して、スキルアップを目指した方が賢明です。

    詳しく見る

ハードワークから脱出したい人におすすめの記事