ハードワークからの脱出計画

好印象を与える面接でハードワークから脱出しましょう

毎日疲れきっていませんか?

ハードワークからの脱出計画
ハードワークからの脱出計画

面接での正しい対応

面接はマナーが大切です。ですので、面接マナーをしっかりと頭に入れて面接担当者に好印象を残し、ハードワーク脱出を目指して面接に挑みましょう。

話し方

人は緊張してしまうと、普段より早口になってしまう傾向があります。これは面接の時にも例外ではありません。早口にならないように、意識して少しゆっくりと話すようにしましょう。話し方は、口の中でモゴモゴと話すのではなく、ひとつひとつの言葉をきちんと発音して、面接担当者が聞きやすいようにする事が大切です。
また、面接担当者の質問には慌てて答えないようにしましょう。時には予想外の質問もありますので、その際も一呼吸置いてから答えると面接担当に伝わりやすくなります。
そして、面接担当者と話をする時は、背筋を伸ばし、顔をきちんとあげて相手の目を見て話しましょう。普段から人の目を見て話す事が苦手な人もいますが、自分の話を聞いている、真剣味があると認識出来るのは目線にあります。ですので、普段から目を見て話す事を意識したり、面接前に家族や親しい友人に練習をお願いするのも良い事です。それでも苦手な場合は、相手の鼻先をみたり、顔全体をぼんやり見るような感じでも良いでしょう。

聞き方

面接での話し方は大切ですが、同様に聞き方も大切になります。面接担当者の話や質問をきちんと聞かないと、見当違いな答えをしてしまいがちです。また、話を聞く態度もしっかりと見られています。面接担当者は何人も面接をしていますので、話をきちんと聞いているかどうか分かってしまいます。ですので、話す時と同じく背筋を伸ばし、相手の顔をしっかり見て、適度な相づちやうなずきを入れて話を聞くようにしましょう。万が一、面接担当者の話が聞き取りにくかったり、質問の意味が分からない時は、適当な返しは絶対に禁物です。「申し訳ありません、もう一度お願いします。質問の意味が分かりませんでした。」とお詫びを入れてから正直に聞き直しましょう。
また、面接担当者が話し終わってから話を返しましょう。話の途中で話し返すのは、話をきちんと聞いていないと思われてしまいます。これは、意見の相違があった場合も同じで、相手が完全に話し終えてから反対意見を伝えましょう。

面接対策を学ぶ

最近では、就職活動や転職活動を失敗させない為に、面接対策セミナーなども開催しています。
NPO法人日本サービスマナー協会では就職や転職活動をしている人の面接対策講座を開いています。採用面接の意義やポイントから、面接時の立ち居振る舞いから注意点、模擬面接と盛りだくさんの内容を東京、名古屋、大阪、福岡それぞれの地域でセミナー形式で受けることができます。

  • 日本サービスマナー協会サイト

また、randstadでも、転職支援面接講座を開設しています。約2時間の講座の中で、面接の心構え、マナーからよくある質問内容やあがり症の人の対策方法など、こちらも盛りだくさんの内容です。

  • randstadサイト

面接に自信のない人は、まずはこの2つのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

ハードワークから脱出したい人におすすめの記事