ハードワークからの脱出計画

円満退職のために計画を立ててハードワークから脱出しましょう

毎日疲れきっていませんか?

ハードワークからの脱出計画
ハードワークからの脱出計画

計画的に考えよう

転職活動には計画が必要です。求人情報を探して応募書類を作成し、面接へという流れですが、実は一番最初に行なっておきたいのは、転職先に入社するまでのスケジュールを立てる事です。転職活動の一連の流れを作る為に行動計画を立てましょう。今回は、スケジュール計画と気をつけたい事について紹介します。

最初に転職先の入社日を決めておく

転職を考えたなら、まずは転職先にいつ入社するかをあらかじめ決めておきましょう。入社日を決めたら後は逆算して計画を立てていきます。転職日は今から数えて半年先が理想です。半年先は長いと感じる人もいるでしょうが、ハードワークで時間の無い中、転職に失敗しないようにするには3ヶ月先では少し足りないように思います。
何故なら、自分の希望に合った転職先を見つけるには時間がかかる事を忘れてはいけません。転職するまでに期間が少ないと、希望通りの職に就けない可能性も高くなりますので転職する意味が無くなってしまいます。転職を成功させる為にはじっくりと希望通りの職場探しをしなくてはいけません。

状況によって転職活動期間は変わる

もちろん、自分の今の状況で期間は変わると思います。現在既に離職中であれば転職先へ希望通りに入社出来ますが、現在まだ在職中で、なおかつ、責任者であったり長期のプロジェクトに携わっているような場合でしたら、それを今すぐ下りて転職するのは無責任になってしまいますし、円満退社が出来なくなります。
また、退職願いは通常1ヶ月前が通常ですが、その会社によっては2ヶ月前の規定になっている場合もあります。退職日は事前に確認して計画に入れておかなければいけません。それに万が一、在職中の会社と転職先が何かしらの関係を持っていたとしたら、責任を果たさない社員と噂される可能性もありますので、退社にあたっては現在の自分の立場を良く知る事と在職中の会社に十分配慮する事がとても大切です。

転職先の都合も考慮

今現在、離職中であったり、引き継ぎを行う必要がない場合でも、転職先の都合も考慮しなければいけません。例えば、入社は決まっても入社日は人員整理の為に数ヶ月先を望まれるかも知れません。ただ、早期の入社を希望する事を伝えるのは悪い事ではありませんし、逆に熱意が伝わる事に繋がるかも知れません。また、その逆に早期の入社を求められる事もありますので、在職中で引き継ぎがある場合は、その旨を相談する事も必要です。
この様に、転職にあたっては現在の自分の立場を考え、様々な事を想定して計画を練る必要がありますし、ハードワーク脱出の為の転職を成功させる道になります。

ハードワークから脱出したい人におすすめの記事