ハードワークからの脱出計画

ハードワークから転職で脱出しよう

毎日疲れきっていませんか?

ハードワークからの脱出計画
ハードワークからの脱出計画

転職という脱出方法

残業や休日出勤も、仕事をやり遂げる上では仕方がないと考えている人が多くいると思います。また、自らがハードワークになっていると感じていても残業しないといけない雰囲気だったり、休日出勤も当たり前な社風があるとどうしても右に倣えでいる人も多いでしょう。ハードワークから脱出する方法のひとつとして、転職を考える事も良いのではないでしょうか。

仕事がきつくなっていませんか?

特にサービス業などでは、正社員の1日の労働時間が10時間を越えることが多いです。そのうえ、残業代がみなし残業として、満足に出なかったり、サービス残業を強要する会社も意外なほどあります。過労死ラインの残業時間までいかなくても、1日10時間勤務が普通になっている過労死予備軍や、うつ病予備軍が現在日本で増えています。正社員で雇用が安定しているのだから残業くらい当たり前という雰囲気の会社だと、満足に休みも取れずに仕事がきついと感じている人がほとんどです。
しかし、うちはまだマシだ、そんなにハードワークではないと自分を騙して働いている人がとても多いのが現状です。その一方で、労働時間や残業代の規定をきちんと守っている業界や会社はもちろんあります。無駄な残業をしないので労働時間も短いですし、給料が安いということもありません。もし貴方が今、仕事がきついなと感じているのなら、労働環境の良い業界や会社に転職する事をお勧めします。

自分の心や体に嘘をつかない

最近はようやく残業廃止や休日出勤をさせない会社が増えてきていますが、未だ労働基準法を守らないでハードワークをさせる会社がたくさんあります。何故なら、労働基準法違反に対する罰則が無いに等しいからです。仕事がきついなと感じながらも我慢をしていると、うつ病や慢性化する頭痛や胃潰瘍、腰痛など、肉体的なダメージを背負う可能性が高いのです。一度、自分の心と体の状態をしっかり知る事が大切で、どうしてもつらければ転職を考えてみましょう。

業種や業界を変えただけでも楽になる?

まずは他の職種を見てみましょう。
例えば、営業職はどの業界でも労働時間が長くなりがちで、残業代もみなし残業として一定額のみの支給です。その代わり、昇給や役職手当で優遇されていることが多く、出世を目指す人にはあっていると思います。また、出張や営業回りの際に、時間を工夫して休んだり観光したりと、フレキシブルな働き方が出来ます。歩合制で新規獲得をしなければいけない営業でしたら、労働時間や給与は本人次第なところがあります。逆にルート営業でしたら会社の顧客回りがメインですし、新規営業ほどフルに働く必要もないので、どちらかというとゆったり働ける営業職です。
一方、事務職や経理職は、固定給でフレキシブルな働き方も出来ませんが、残業や休日出勤は少なく、定時で帰りやすい職種です。現在では、昔のように女性だけでなく、男性も経理職や事務職で定時で帰れる仕事を選ぶようになってきました。 ゲームプログラマーやデザイナーなどクリエイティブな仕事では、基本的に労働時間はとても長くなります。しかし、好きでこの職を選ぶ人も多く、やりがいが持てる事が多いのです。しかし、求職者が多いので競争が激しく、人件費は圧縮されて人手不足に陥っていたりと、状況は様々で仕事はきつさを感じる事が多いので志の無い人には向かないようです。
この様に、業界や職種で様々に仕事のきつさや給与形態が違います。しかし、転職をする事で、今までのきつさは何だったのだろうと驚く結果にもなるはずです。実際に私の友人もサービス職で月4回の休み、10時間勤務に嫌気がさして事務職に転職しましたが、今度は完全週休二日で定時上がりになり、毎日楽しく過ごしています。

ハードワークから脱出したい人におすすめの記事